本文へ移動

Serial ATA

Serial ATAの特徴は、ダイレクトアタッチストレージ環境でのデータ処理を必要とするアプリケーションに適した機能と、シリアル通信であることによる高速通信を可能にしています。転送データ量の増加、ハードディスクの大容量化に伴い、高速にデータ処理可能なSerial ATAの設計開発が、多くのメーカーで取り組まれています。しかしながら、内部での転送が”FIS”と呼ばれるパケット単位での転送であること、コード変換されたデータであること、シリアル信号であることなど、設計回路の検証、デバッグは容易ではなく、検証には膨大な時間が費やされているのが現状です。
 
Vtechでは、RTLレベルの検証において、各内部レイヤ間の転送データ解読、ステート状態の監視などのノウハウを持ち、詳細なブロック単位での検証、デバッグを可能にし、検証期間の効率向上と質の高い検証を実現しています。
新卒採用に関して
インターンや2021年度新卒採用に関するお問い合わせはこちらからお願いいたします
エントリー・お問合せ
TOPへ戻る