本文へ移動

インフォメーション

【不具合の自動検出機能を持つFPGAデバッグソフトウェア VSTAR 2.0】2020年6月22日リリース!
2020-06-22
カテゴリ:機能安全
注目
LSI(大規模半導体)開発の安全と安心を担保するベリフィケーションテクノロジー株式会社(本社:神奈川県横浜市 代表取締役CEO:竹内 秀人)は、【不具合の自動検出機能を持つFPGAデバッグソフトウェア VSTAR 2.0】(https://www.vtech-inc.co.jp)を、2020年6月22日(月)に発売します。
VSTAR 2.0は、数日間にも渡るFPGAの連続動作でようやく発生する不具合の場合でも、自動的なデバッグを可能にします。リアルタイムで信号変化のルールを自動抽出し、それを用いて信号変化を監視する特許出願済みの新技術や、検証IPのFPGAへの自動組込み機能に対応することにより、ユーザーが不具合を追い込むための作業を大幅に軽減します。また、デバッグのための追加端子が不要なので、FPGAボードが完成後でも導入することが可能です。VSTAR 2.0は、ユーザーによるデバッグ作業を大幅に軽減する業界唯一のソリューションをご提供します。
【製品概要】
製品名:FPGAデバッグソフトウェア VSTAR 2.0
製品構成:独自開発した検証IPと専用グラフィカルユーザインターフェース
対象FPGA:Xilinx社のFPGAをサポート
発売日:2020年6月22日(月)
 
【製品特徴】
・リアルタイムで信号変化のルールを自動抽出し、それを用いてシステムの動作を監視し、ルールと異なる動作をエラーとして検出します。
・数日間の連続動作でようやく発生するエラーでも、ユーザーが検出条件を試行錯誤することなく、エラー検出が可能です。
・エラー発生をトリガーとして、システムの全体動作をチャート表示します。検出されたエラーは強調表示されます。
・エラー発生時点の信号変化の詳細な状態を自動で取得し、波形表示可能です。
・FPGAへの検証IPの自動組込みに対応しています。
・FPGAとの接続にJTAG端子を使用するため、デバッグのための追加端子は不要です。
 
【会社概要】
会社名:ベリフィケーションテクノロジー株式会社
代表者:代表取締役CEO 竹内秀人
所在地:神奈川県横浜市港北区新横浜2-3-12 新横浜スクエアビル5F
TEL:045-470-8310
FAX:045-470-8319
事業内容:LSI設計検証サービス、機能安全コンサルティング、EDA(電子設計自動化)ツールの開発と販売
 
【本件に関するお問い合わせ】
会社名:ベリフィケーションテクノロジー株式会社
担当:営業部
TEL:045-470-8310
FAX:045-470-8319
新卒採用に関して
インターンや2021年度新卒採用に関するお問い合わせはこちらからお願いいたします
エントリー・お問合せ
TOPへ戻る